スポンサーリンク

【ロノウェ】あらゆる言語を教えてくれるソロモン72柱の悪魔とは?

今回お話しするのは

ソロモン72柱の悪魔

ロノウェ

に関するお話です。



ロノウェとは?

27: ロノウェ

ロノウェは悪魔学における悪魔の1人。

呼び名には

  • ロノウェ・ロノヴェ(Ronove)
  • ロネウェ・レネヴェ(Roneve)
  • ロンウェ(Ronwe)

などがある。

「ゴエティア」においては19の軍団を率いる序列27番目の侯爵にして大伯爵



[スポンサーリンク]

ロノウェはどんな姿?

ロノウェはどんな姿?

ロノウェは召喚されると上の写真のような姿で現れることが有名。

だが、実際この姿が描かれたのは19世紀の「地獄の辞典」でのこと。

原典ともいえる「レメゲトン」においては「怪物の姿」としか描かれていない。(「魔物めいた姿ないし、赤い霧のような姿」ともいわれる)

杖を持ち、尻尾を生やした3~4頭身ぐらいの小鬼の姿

ゴブリンのような醜悪な姿をしているが、ヨーロッパでの小鬼のイメージとしてはこれが一番近いと考えられる。



[スポンサーリンク]

ロノウェは何をしてくれるのか?

ロノウェは何をしてくれるのか?

ロノウェはその姿ははっきりと描かれてはいないが、召喚者に対して

  1.  良き使い魔
  2.  言語に関する知識
  3.  敵味方からの好意
  4.  修辞学

などをもたらしてくれます。

特に、修辞学を教えることは非常に得意としている。

修辞学とは「弁論・演説・説得の技術に関する学問分野」といった分野。

言葉で人を動かすのが得意な人は、「悪魔から力を貰っている」と思われても仕方ないことだったのかもしれません。



[スポンサーリンク]

まとめ: ソロモン72柱の悪魔「ロノウェ」

まとめ: ソロモン72柱の悪魔「ロノウェ」

今回はソロモン72柱の悪魔の一体ロノウェについて紹介させていただきました。

ソロモン72柱の悪魔達の中でも、特に外見の描写が少ないのがこの悪魔です。

特に「人を扇動する力を与える悪魔」は、「怪物」や「赤い霧」としか表現できなかったのかもしれません・・・。


という訳で今回のまとめ

  1.  ロノウェはソロモン72柱の悪魔の一体
  2.  序列27番目の偉大なる伯爵の地位に君臨
  3.  「怪物の姿」という外見の描写が少ない悪魔
  4.  後世の小鬼の姿が有名
  5.  修辞学を非常に上手に教えてくれる
  6.  良き使い魔や言語を教えてくれる
  7.  敵味方からの好意を与える



メギド72の「ロノウェ」

ロノウェ メギド72

画像は公式サイトから引用

ロノウェの詳細情報 – 【公式】メギド72ポータルサイト

公式様のパラメーターを見ると以下のようになる。

項目 
No.027
クラスファイター
覚醒ゲージ4
スタイルカウンター
HP882-10836
攻撃力63-645
防御力72-714
素早さ31-285
CV堀江 一眞
性別男性
[スポンサーリンク]

 スキル

特性正義のヒーロー

 

HPが50%以下のとき、30%の確率で攻撃を無効化する

スキルウェポンガード

 

2ターンの間、すべての単体攻撃を受け持ちスキルフォトンからのダメージを50%軽減する

+スキルウェポンガード+

 

2ターンの間、すべての単体攻撃を受け持ちスキルフォトンからのダメージを60%軽減する

覚醒スキルブランディッシュ

 

敵単体に攻撃力1.4倍の2連続ダメージさらに積まれているフォトンを1つ破壊する

+覚醒スキルブランディッシュ+

 

敵単体に攻撃力1.5倍の2連続ダメージさらに積まれているフォトンを1つ破壊する

奥義エクトプラズム

 

2ターンの間、味方単体を無敵状態にし、HPを15%回復させる

+奥義エクトプラズム+

 

2ターンの間、味方単体を無敵状態にし、HPを20%回復させる

タイトルとURLをコピーしました