スポンサーリンク

【サマエル】人間に死をもたらすへそに毛がある堕天使とは?

今回お話するのは

死をもたらす堕天使

サマエル

です。



サマエルとは?

サマエルとは?

サマエルはユダヤ教において登場し、それ以降様々な文献に登場した天使。

死を司る天使」、「赤い蛇」など、呼び名は複数ある。

~サマエル~

  • 英字表記: Samael
  • 別名1: サンマナエ
  • 別名2: サミエル
  • 名前の意味: 神の毒、毒の主
  • 出典: 第三エノク書



[スポンサーリンク]

サマエルの独特な特徴

サマエルの独特な特徴

サマエル自体謎が多く、

  •  ルシファーと同じ熾天使
  •  ローマの守護天使
  •  火星の天使
  •  エデンの園の蛇
  •  サタン

など、旧約聖書では「イヴとアダムに知恵の実を食すよう唆す蛇がサマエルである」という見方もされている。

外見に関しては資料によって様々であるが、以下の特徴がある。

へそから一本の長い毛

  •  毛が千切れると力を失う
  •  頭に角を生やした黒い肌
  •  12枚の翼
  •  盲目



[スポンサーリンク]

ドイツのオペラ「魔弾の射手」

ドイツのオペラ「魔弾の射手」

ドイツのみならず、日本でも有名な「魔弾の射手」。

カール・マリアン・フォン・ウェーバーが作曲したオペラ。

そこに登場する悪魔「ザミエル」が、悪魔サマエルをモデルとしている話がある。


カスパールは悪魔ザミエルに、7発の魔弾の作成を依頼

最後の1発はザミエルの望む対象に当たる
マックスはある領主の元で狩りで腕を示した
最後の一発は恋人のアガーテに飛んで行った

この1発は正に「死を運ぶ」ことを象徴としており、死の天使を関するサマエルを端的に言い表していると言える。



予言者モーセとサマエル

予言者モーセとサマエル

サマエルに関する最も有名なお話は、預言者モーセとの関わりである。

天使に対して同情することとなるお話でもある。

エジプトからユダヤ人を脱出させた予言者モーセ。

彼の寿命が来た時、神は彼を迎えに行くように天使に命じた。

俗にいえば「殺せ」。


ガブリエル、ミカエルを含む数多くの天使は「高潔なるモーセを殺すことはできない」と拒否。

代わりに死の天使たるサマエルが派遣されることとなった。

サマエルは喜んでモーセを迎えに行ったが、彼の輝く顔に目が眩んでしまい、手ぶらで帰ることとなった。



[スポンサーリンク]

盲目の天使サマエル

盲目の天使サマエル

使命を果たせなかったサマエル。

当然神の怒りを買い、叱責され、もう一度モーセの元に向かうこととなった。

すると今度は、120歳のモーセによって杖で目をつぶされてしまう

結局、この時も使命を果たすことは出来ず、モーセの魂を迎えに行くのは神が行った。

サマエルは目を潰されて盲目となり、さらには使命に失敗したことを責められることとなった。

この屈辱を受け、サマエルは堕天使となった。

大きな仕事を引き受けて失敗し、社長が責任を背負い、同僚たちから責められる。

こんな悲しいことがあってたまるか・・・・・・。



[スポンサーリンク]

まとめ: 堕天使サマエル

まとめ: 堕天使サマエル

今回は堕天使サマエルについて紹介させていただきました。

調べていく内に、サマエルとモーセの話を知りました。

この話で「モーセは天使すら返り討ちにする」という破天荒っぷりですが、神をしっかりと敬う高潔な人です。

ただ単純に「死の天使」とかが嫌いだったんじゃないでしょうか・・・・。



という訳で今回のまとめ

  1.  サマエルは第三エノク書に登場する天使
  2.  名前の意味は「神の毒」
  3.  「サタン」「死の天使」という別名がある
  4.  エデンの蛇と同一視される
  5.  へそには1本の長い毛
  6.  モーセを迎えに行くが失敗
  7.  目を潰され盲目の天使となる

コメント

タイトルとURLをコピーしました