【エヒメ】愛媛県の名前となった日本神話の女神さまとは?

スポンサーリンク

今回お話しするのは

愛媛県の女神様

エヒメ

です。

女神さまが県の名前になるのは羨ましいな

エヒメとは?

エヒメとは?

エヒメは日本神話に登場する女神さまの1柱です。

「国産み神話」において、イザナギとイザナミが生んだ子供として有名です。

~エヒメの登場書物~

  •  古事記:  愛比売命 
  •  日本書紀: 登場しない

恐らく気づいていると思いますし、タイトルでネタバレしていますが、「エヒメ」は「愛媛県」の女神さまです。

[スポンサーリンク]

エヒメ: 全国唯一の由来

エヒメ: 全国唯一の由来

「愛媛県」は四国の北西部に位置する、全国的にミカンの名産地です。

実は、日本の全国の47都道府県の名前の内、この「愛媛県」は唯一神様の名前から由来する県です。

「エヒメ」は文字通り、「愛すべき女性」「美しい女性」を意味する名前。

愛媛県そのものの守り神で、「伊豫神社(いよじんじゃ)」の「伊豫豆比古命(いよおひこのみこと)神社」に今も祀られているそうです。

[スポンサーリンク]

エヒメ: 2番目に生まれた日本列島の島

エヒメ: 2番目に生まれた日本列島の島

古事記に書かれた物語には「エヒメ」が誕生した物語があります。

~島を作った神様~

日本列島を生み出した「イザナギ」と「イザナミ」。

彼らは結婚をした後に、「14の島」を生み、その後に「25の神」の神を生みました。

正しい結婚をして最初に産み出したのが、現在の大阪と四国の間の島「淡路島」であった。

そして、その次に産み出されたのが「伊予之二名島」という島にして神という存在であった。



[スポンサーリンク]

エヒメ: 「イヨノフタナノシマ」

エヒメ: 「イヨノフタナノシマ」

イヨノフタナノシマ(伊予之二名島)」は島にして神様です。

イザナギとイザナミが「淡路島」の次に生み出した神です。

1つの体に4つの顔を持つ神

であり、「エヒメ」はこの1つの顔でした。
なぜ、4つの顔を持つ神が単独の神として信仰されるのか。

その理由は定かではありません。

全ての4つの顔には、ぞれぞれ名前と特徴などがあります。

イワスヒコ
(石土毘古神)
「家宅六神」の長男
石と土の神
イワスヒメ
(石巣比売神)
「家宅六神」の長女
砂の女神
オオトヒワケ
(大戸日別神)
「家宅六神」の次男
扉の神
アメノフキオ
(天之吹男神)
「家宅六神」の三男
屋根を作る神
オオヤビコ
(大屋毘古神)
「家宅六神」の四男
完成した屋根の守護神
カザモツワケノオシオ
(風木津別之忍男神)
「家宅六神」の五男
家を防風から守る神
左:神の名前
右:役割

それぞれ、四国と対応していることが分かりますね。

[スポンサーリンク]

まとめ: エヒメはこんな女神

まとめ: エヒメはこんな女神

今回は日本神話における女神「エヒメ」について紹介させていただきました。

日本で唯一の県の名前を冠した女神。

名前も「愛すべき女性」「美しい女性」という名前も「愛媛」に現れていますね。

という訳で今回のまとめ

  •  「エヒメ」は日本神話の女神
  •  「国産み神話」において、イザナギとイザナミの子供
  •  「イヨノフタナノシマ」という4つの顔を持つ神が四国となる
  •  名前は「愛すべき女性」「美しい女性」の意味を持つ
  •  日本で唯一の「女神の名前から来ている県名」

コメント

タイトルとURLをコピーしました