スポンサーリンク

【ダヌ】ケルト神話における神々の母とは何者か?

スポンサーリンク

今回紹介させていただくのは

神々の母親

ダヌ

です。

ケルト神話に興味がある方はぜひ一読してみてください。

ケルト神話のダヌとは?

ケルト神話のダヌとは?

ダヌはケルト神話の「トゥアハー・デ・ダナーン」という神の一族の女神さまです。

~ダヌのプロフィール~

  • 表記: Danu
  • 別名1: Dana(ダナ)
  • 別名2: Anu(アヌ)
  • 別名3: Ana(アナ)
  • 種族: トゥアハ・デ・ダナーン族
  • 名前の意味: 流れ

Paps of Anu(the breasts of Anu)

アイルランドのケリー州に存在する双子の山です。

日本語では「アヌの両乳房」という意味で、ダヌの仲間でもある「アヌ」が由来の山があるそうです。

このアヌはアイルランドの南における豊穣神ですが、ダヌと同じという見方もあるそうです。

[スポンサーリンク]

ダヌは様々な神様の母親

ダヌは様々な神様の母親

アイルランド神話における主要な一族「トゥアハ・デ・ダナーン神族」において、このダヌが母神となります。

特にヌァザ、ダグザ、ディアン・ケヒトなど多くの神様が息子や子孫です。

ダヌはこういった「神々の母」であると同時に、かまどや火生命と詩歌の守護神ともなっています。

火は特に「原初の生命」といった言葉もあるとおり、神々の母親でもあるダヌなどに当てはまりますね。

[スポンサーリンク]

血縁関係はかなり不明な点も多い

ダヌの血縁関係はかなり不明な点も多い

こんな神々の母親ともされるダヌでも、その血縁関係は不明な部分が多いです。

そもそも、彼女は名前が神話に登場するだけで、活躍が描かれることがほぼないのが原因でもあります。

豊穣神「ダグザ」の3人娘の一人という説もあれば、3人娘が全員「ダヌという名前」説もあります。

また、ダヌは神々の宿敵でもあるフォモール族とも子供を儲けていて、

  1.  ブリアン
  2.  ヨハン
  3.  ヨハルヴァ

の芸術と文学の守護3兄弟の神が子供という説があります。

ですが、間違えていけないのは「誰が彼女の子供か」という説はありますが、はっきりと確定したものはないです。

[スポンサーリンク]

ダヌと同じ女神様?

ダヌと同じ女神様?

そして、アイルランドの神話に数多くの女神が存在するということから、「実はダヌと同じ女神」という説が唱えられる女神が多いです。

  • 技術と生命の守護女神: ブリギッド
  • 烏の女神: モリガン
  • アイルランド南方の豊穣の女神: アヌ
  • ウェールズ神話: ドーン
  • リアンノン

などがダヌと同じではないという説があります。

その他、川などにおいては

  • ロシア西部: ドン川
  • 東欧を横断: ドナウ川

などが「ダヌの原型となった古い女神」の名前から付けられています。(ド~といった感じの名前ですかね?)

[スポンサーリンク]

まとめ: ダヌはこんな女神様

まとめ: ダヌはこんな女神様

今回はケルト神話でも重要な立ち位置に存在するダヌについて紹介させていただきました。

日本やインド神話などでも、様々な神々の母親がいますが、ケルト神話では彼女がそれに該当します。

ダヌに原型となった女神がいるということは、神以上の神が存在するということ・・・?

という訳で今回のまとめ

  •  ダヌはケルト神話における女神
  •  トゥアハ・デ・ダナーン神族の母神
  •  神々の母であるが、その子供などの血縁関係は不明慮
  •  アイルランドの神話では、彼女と同じとされる女神が多い
  •  アイルランドにダヌの仲間の山がある
タイトルとURLをコピーしました