スポンサーリンク

【ロット王】ガウェイン4兄弟の父となるアーサー王伝説の人物とは?

今回お話するのは

アーサー王の敵となった王

ロット王

です。


ロット王とは?

ロット王とは?

ロット王はアーサー王伝説における騎士の一人。

ブリテン島北部のスコットランドよりも北の「オークニー諸島」を領有する王であった。

~ロット王のプロフィール~

  •  欧文表記: King Lot,King Loth
  •  別表記: ロト王
  •  出典: ブリタニア列王史
  •  初登場: キャクストン版第1巻2章
  1.  アーサー王の即位と欧州統一

などに登場しています。


[スポンサーリンク]

ロット王: 4兄弟の父

ロット王: 4兄弟の父

ロット王は「ガウェイン4兄弟」の父となる。

ガウェイン4兄弟とは

  1.  ガウェイン
  2.  ガヘリス
  3.  ガレス
  4.  アグラヴェイン

の4人であり、彼らは後に全員が円卓の騎士として様々な活躍を果たす。


この4兄弟は物語で様々な活躍をしていたが、母親を殺したり、粗暴な感じで描かれたりと特に優遇はされていない。

ただし、ガレスだけは円卓の騎士の中でも良い騎士として描かれている。

とはいえ、アーサー王の敵であったその関係性が、その子供にまで影響しているように感じる。



[スポンサーリンク]

ロット王: 11人の王の連合軍

ロット王: 11人の王の連合軍

ロット王は「アーサー王の死」の物語の序盤におけるアーサー王の最初の敵です。

実はアーサー王がブリテンの王として即位した当時、北国だけだなく複数の諸国と敵対関係にありました。

かつてカーリオン(アーサー王の居城?)で受けた屈辱の為に、6人の王が立ち上がった。
そして、様々な手口を使って5人の王を仲間に引き入れた


元々、アーサー王を認めないことや、北国の諸国との敵対関係も相まって、11人の王による連合軍が結成。

彼らは「アーサー王を倒すまで、決して仲間を見捨てない」と誓い合い、大軍を連れてアーサー王に戦いを挑んだ。

カンベネット公5000人の騎馬兵
ブランドゴリス王ストランゴーの王
5000人の騎馬兵
クラリヴァンス王ノーサンバーランドの王
3000人の兵士
百騎王非常に若い立派な王
4000人の騎馬兵
ロット王立派な騎士
5000人の騎馬兵
ユーリエンス王ゴールの国の王
6000人の騎馬兵
イードラス王コーンウォールの王
5000人の騎馬兵
クレイドルマント王5000人の騎馬兵
アグウィッサンス王アイルランドの王
5000人の騎馬兵
ネントレス王5000人の騎馬兵
キャラドス王5000人の騎馬兵

合計5万人の騎馬兵と歩兵1万人の大軍となり、アーサー王へと進軍を開始したのであった。



ロット王: アーサー王に対する完全な敵意

ロット王: アーサー王に対する完全な敵意

アーサー王と2人の王および彼の騎士たちと、11人の王による連合軍同士の争いは激しさを増していきます。

しかし戦いは拮抗かつ膠着状態に陥り、11人の王の連合軍は撤退せざるを得なかった。

そこで、ロット王は「アーサー王の宮廷の内情を探るため」に、使者という名目で

  1.  豪華に装った自分の王妃: マーゴース
  2.  ガウェイン4兄弟
  3.  たくさんの騎士と侍女

をアーサー王に遣わした。

だが、その派遣がアーサー王の物語を大きく動かし、ロット王とアーサー王の対立を決定づけるものとなった。

~愛した王妃は実は~

アーサー王は軍勢を連れてカーリオンへと戻った。

するとそこへロット王の妃、ガウェイン4兄弟、騎士、侍女たちが使者という名目で訪れた。

彼らは「アーサー王の宮廷内部の事情を知る」ために遣わされた使節団であった。


アーサー王はロット王の王妃が非常に美しかったので、激しい恋心を抱いた。

そして、床を共にしたいと強く望んだ。

王妃も同意し、アーサー王と同衾(床を共にする)して騎士モードレッドを産ませた。



ロット王の王妃の名前は「マーゴース」であり、彼女の姉の名前は「イグレイン」。

そして、アーサー王の母親の名前は「イグレイン」。

つまり、アーサー王とマーゴースは肉親関係であり、近親相姦に当たる。


そして、産まれた騎士モードレッドは後に「呪われた子」として海に流されている。

そして、このことを知ったロット王はアーサー王と完全に敵対することとなった。



[スポンサーリンク]

12人の王の連合軍

12人の王の連合軍

こうしてロット王と完全に敵対していた頃の少し前。

北ウェールズのライエンス王が11人の王に勝利し、12人の王による連合軍となっていた。

そして、ライエンス王はアーサー王にあることを要求した。

アーサー王の顎髭で私のマントの縁を飾りたいのでよこせ。
さもなくば、貴様の領地で家を焼き、民を殺す。
そしてお前の首と顎髭を頂くまで帰らないであろう。


当然このことに対してアーサー王は

なんと傲慢で無作法か。私には顎髭が十分に生えそろっていない。
貴様が私に膝をついて忠義を誓うか、もしくは貴様の首を切り落とす。
私に忠誠を誓うか、それとも首を刎ねられるか選ぶがよい

そして、お互いに連合軍を率いて戦争を開始。

ロット王も、王妃と子供の件でアーサー王に対して大軍を率いて戦いに挑むのであった。



ロット王の死

ロット王の死

両軍の1回目の衝突は激しかったが、戦況はアーサー王とその軍勢に傾いていた。

というのも、魔術師マーリンが2つの未来を知っていた。

1つ目ロット王が1回目の衝突に参加していれば、アーサー王に勝つことが出来る
2つ目その日の戦いで「ロット王」か「アーサー王」のどちらかが必ず死なないといけない

マーリンは

どっちも死ぬのは良しとしないが、どちらかというならアーサー王に死んでほしくないし、ロット王に死んでもらおう

と「ロット王に嘘の予言で1回目の戦闘に参加させなかった」のであった。



また、アーサー王側のベイリンと「二本の剣を帯びた騎士」たちの活躍により12人の王の連合軍は半壊状態に。

この絶体絶命状態に対しロット王は

軍の大半を失ってしまった今、戦うべきなのか、和解するべきなのか

と悩んだが、周りの騎士たちは

王よ。戦いましょう。奴らは疲弊しています。我らは疲弊していません。

と進言したので、ロット王は決意した。

私に言えることは、ただ一つ。私が自分の力を尽くすように、騎士たち皆がその力の全てを尽くしてほしい。

こうして、残されたロット王とその軍はアーサー王の軍に最後の攻勢に挑んだ。

騎士たちは死力を尽くして戦い、数多くの武勲を挙げたが、アーサー王の軍の前に次々と倒れていった。


ロット王も、騎士ペリノ―の一撃で乗っていた馬の首が落とされ、落馬したところを強烈な一撃を入れられた。

ロット王はペリノ―の兜を破る鋭い一撃により絶命

また、この戦いで12人の王も全員が死亡したのであった。




[スポンサーリンク]

まとめ: ロット王はこんな騎士

まとめ: ロット王はこんな騎士

今回は騎士の一人ロット王について紹介させていただきました。

マーリンはあるゲームで「グランド屑」「詐欺師」といわれていますが、割とその通りです。

ロット王もある意味で彼の被害者でもあります。


という訳で今回のまとめ

  1.  ロット王はアーサー王伝説の王様
  2.  スコットランドより北部のオークニー諸島の王
  3.  ガウェイン4兄弟の父
  4.  11人の王による連合軍を結成し、アーサー王と戦う
  5.  アーサー王が王妃と寝たことにより完全に敵対
  6.  12人の王の連合軍とアーサー王の戦いで死去
  7.  騎士ペリノ―と戦い、倒されている

コメント

タイトルとURLをコピーしました