スポンサーリンク

【ベディヴィア】エクスカリバーを湖に還した円卓の騎士とは?

今回お話するのは

選定の剣の返還

ベディヴィア

です。

主君の剣を返還するという大役を請け負った重要な騎士です。


ベディヴィアとは?

ベディヴィアとは?

ベディヴィアはアーサー王伝説における円卓の騎士の一人。

アーサー王に忠実に従い、その最期までを看取った騎士。

~ベディヴィアのプロフィール~

  •  欧文表記: Bedivere
  •  別表記: べディヴィエール
  •  あだ名: ベドウィル・ベドリバント(恐るべき膂力のベディヴィア)
  •  初登場: キャクストン版第5巻6章

この他にも

  1.  アーサー王の即位と欧州統一
  2.  円卓の騎士の冒険とロマンス
  3.  アーサー王の死

などに登場しています。

ルーカン、従兄弟のグリフレットと共にアーサー王に仕えた兄弟の円卓の騎士でもある。


[スポンサーリンク]

最終戦争の生き残り

最終戦争の生き残り

ベディヴィアはアーサー王物語において「ローマ遠征」「馬上槍試合」などに参加はしている。

だが、その全ての戦いにおいても目立った戦績はない。

だが、アーサー王物語の最期に訪れるモードレッドとアーサー王の2つの陣営による「円卓の騎士最大の内戦」では両方の陣営は壊滅。

カムランの戦いでモードレッドは戦死、アーサー王も頭に致命傷を負った。

そして、この戦いで両陣営はほぼ全滅したが、アーサー王陣営では

  • ルーカン
  • ベディヴィア

の2名だけが生き残ったという。(ルーカンは瀕死の状態)



[スポンサーリンク]

ベディヴィアの役目

ベディヴィアの役目
シュールな絵面だが、かなり重要な場面

カムランの戦いの後、ベディヴィアは自分の死を悟ったアーサー王からある命令を受ける

エクスカリバーを湖に返還せよ

ただ、彼は剣を惜しんで2度も嘘の報告をアーサー王にしている。

いずれもアーサー王には見抜かれており、3度目にして湖にエクスカリバーを投げ入れた。

女性の手が剣を受け止めるのを見届けた後、彼は修道院に入り、隠者として余生をひっそりと送った。



伝承ごとのベディヴィアの活躍

伝承ごとのベディヴィアの活躍

アーサー王伝説の彼の活躍はこういった終盤ですが、伝承によっては目まぐるしい活躍をしています。

特に目立つのが中世ウェールズの物語「マビノギオン」に収録されている「キルッフとオルウェン」です。

この物語では「片腕がない隻腕の騎士」として登場しており、

隻腕の騎士でありながら、彼の槍一突きは他の騎士の九突きに匹敵し、その働きぶりは物語に登場する他の3人の騎士よりも早く敵に血を流させた。

と惜しみない称賛を浴びるほど。

また、この他の伝承でも「モン・サン・ミシェルの巨人と戦った」といった物語もある。



[スポンサーリンク]

日本におけるベディヴィア

日本におけるベディヴィア

円卓の騎士であるベディヴィアは日本のエンターテイメントでも度々登場します。

  •  モンスターストライク
  •  Fate/Grand Order
  •  ミリオンアーサー

など有名なゲームにその姿と共に現れています。

絵柄では「隻腕」といった形で、腕が無いわけではないが、「片腕が何かしら工夫した絵柄」になっている場合が多い。

元々、あだ名の由来でもある「恐るべき膂力のベディヴィア」という屈強な騎士の部分も反映してのことでしょう。

[スポンサーリンク]

まとめ: ベディヴィアはこんな円卓の騎士

まとめ: ベディヴィアはこんな円卓の騎士

今回は円卓の騎士の1人ベディヴィアについて紹介させていただきました。

彼の原典は日本では「アーサー王物語」という認識が強いですが、実のところ正確には分かっていないという状況です。

ただ、彼が王に忠実に従い、最期まで看取った忠実な騎士であることは間違いありません。


という訳で今回のまとめ

  1.  ベディヴィアは円卓の騎士の1人
  2.  兄ルーカンや従兄弟のグリフレットと共に従った
  3.  アーサー王物語の最後の戦いを生き抜いた
  4.  王の剣を湖に返す役目を担った
  5.  余生を修道院で過ごしている(戦いで死んだという話もある)
  6.  マビノギオンでは「隻腕の騎士」として活躍している

コメント

タイトルとURLをコピーしました