【ブルーノ】「黒い盾の冒険」に成功した大きなコートの円卓の騎士とは?

今回お話するのは

大きなコートは父の形見

ブルーノ

です。


[スポンサーリンク]

ブルーノとは?

ブルーノとは?

ブルーノはアーサー王伝説における円卓の騎士の一人。

「不格好にコートを着た男」という意味の「ラ・コート・マル・タイユ」の名前を持つ。

~19巻9章~

処刑上ではグィネヴィア王妃は火あぶりの刑に処されようとしていた。

メリアガーントは勝ちを確信し、ラヴェインはランスロットの代わりに決闘をすると提案。

決闘が始まる直前にランスロットが到着し、グィネヴィア王妃は一旦アーサー王の隣に座った。

決闘が始まると、メリアガーントはあっさり敗北し、命乞いをした。


ランスロットは、自分の体半身を縛って戦うという不利な状況を提案し、相手もそれを承諾。

再度決闘が始まると、ランスロットは華麗な戦い方でメリアガーントの頭を叩き割った。

こうして、騎士メリアガーントは死亡し、グィネヴィア王妃の嫌疑は晴れ、ランスロットはよりアーサー王とグィネヴィア王妃から重んじられるのであった。

出典: トマス・マロリー「アーサー王物語 5(筑摩書房)

~ブルーノのプロフィール~

  •  欧文表記: La Cote Male Tayle
  •  別表記1: ラ・コート・マル・タイユ
  •  別表記2: ブレウノール
  •  初登場: キャクストン版第7巻27章
  1.  円卓の騎士の冒険とロマンス

などに登場しています。


[スポンサーリンク]

父の仇である大きなコート

ブルーノ:父の仇である大きなコート

騎士ブルーノは「ラ・コート・マル・タイユ」という名前があります。

このあだ名の由来は彼の着ていた「コート」に由来。

この「コート」は金の布地で作られており、彼の父を殺した仇を討つことを誓い着ていました。

ですが、彼はこの時まだ若く,父のコートはぶかぶかでした。

その為、騎士ケイは彼のことを「だぶだぶのコートを着た男」を意味する「ラ・コート・マル・タイユ」と侮辱していました。



[スポンサーリンク]

勇敢な魂を持つ騎士

勇敢な魂を持つ騎士ブルーノ

ブルーノは物語に初めて登場した時は「若く未熟であり、馬上戦闘が苦手」という技量不足な騎士であった。

そのような欠点には他の円卓の騎士たちも心配する程であった。

しかし、ブルーノはその技量不足を補う程の強い勇敢な魂を持っている。



~ライオンとの戦い~

ブルーノは技量不足から円卓の騎士としては認められていなかった。

そんなある日、アーサー王が狩りに出かけた時、石の塔で飼われていた凶暴なライオンがグィネヴィア王妃に襲った。

他の騎士たちが恐れて逃げ惑う中、彼はたったひとり恐れずに剣を抜いた。

そして、襲ってきた凶暴なライオンを正面から斬りかかり、たった一撃でライオンの頭を両断。

このライオンを撃退した武勲を讃えられ、ブルーノは騎士として正式に任命されたのであった。

(実はライオンを殺さなくても、アーサー王はブルーノを騎士に任命しようとしていたらしい。)


少なくとも、ブルーノは「馬上槍試合」で騎士として認められていない。

それでも、ライオンという「勇気・力」の象徴を倒して円卓の騎士として認められている。



最も困難な冒険「黒い盾の冒険」

最も困難な冒険「黒い盾の冒険」

ライオンを撃退し、その勇気を認められて円卓の騎士として任命された日に彼の最大の冒険が訪れる。

ある日「マラディザンド(フランス語で「罵る者」)」という乙女がアーサー王の城にやってきた。

そして、「黒い楯の冒険」に挑戦する騎士を求めた。

この冒険は

黒い盾の持ち主である騎士が瀕死状態であった。そこで、その盾を乙女に「誰立派な騎士に渡して自分の冒険を引き継いでほしい」と頼んだ

というものであった。

そこで、ブルーノはその冒険に名乗りを挙げるのであった・・・・。

ただ、乙女は何やらブルーノに対して不満があった様子・・・・。



[スポンサーリンク]

ガレスと似た冒険譚

ガレスと似た冒険譚

ブルーノの物語はかなり長くなってしまいましたが、この物語はガレスとよく似ています。

ガレスの物語は

  •  名前を身分を隠している
  •  無名の若者であった
  •  乙女に侮辱されながらも旅に出る
  •  冒険の末に栄誉や乙女の愛を得る
  •  気雨季な血筋や身分の者と判明

という内容であり、ブルーノ物語と似たような筋書きです。

こういった物語は世界中でも見られますが、ある意味で王道過ぎる物語です。

それ故に面白く、ランスロットが介入してもブルーノ自身が主人公であることは明確にしてくれています。

マロリーがブルーノとガレスの物語が似ているのは、王道を貫いたからなのでしょう。



[スポンサーリンク]

まとめ: ブルーノはこんな円卓の騎士

まとめ: ブルーノはこんな円卓の騎士

今回は円卓の騎士の一人ブルーノについて紹介させていただきました。

ブルーノの父の仇は最後の数行で終わっていますが、そこだけが不満です。

しかし。乙女の罵詈雑言はよほどの精神がなければ下手したら自殺してしまいますね・・・。


という訳で今回のまとめ

  1.  ブルーノは円卓の騎士の一人
  2.  殺された父の仇の「金の布地で作られた立派なコート」を着ている
  3.  若いブルーノはケイに「不格好にコートを着た男」と馬鹿にされていた
  4.  技量は未熟だが、ライオンを正面から一刀両断する勇気を持つ
  5.  黒い盾の冒険という世界で最も難しい冒険に成功
  6.  旅を共にした乙女に暴言を吐かれながらも相思相愛となる
  7.  城と領地を拝領し、乙女と結婚を果たす

コメント

タイトルとURLをコピーしました