【エクター】アーサー王の育ての親とは何者か?

スポンサーリンク

今回お話するのは

アーサー王の育ての親

エクター

です。


エクターとは?

エクターとは?

エクターはアーサー王伝説における円卓の騎士の一人。

アーサー王の本当の父親ではなく、育て親。

~エクターのプロフィール~

  •  欧文表記: Ector
  •  名前: サー・エクター
  •  養子: アーサー王
  •  息子: ケイ
  •  初登場: キャクストン版第1巻3章
  1.  アーサー王の即位と欧州統一

などに登場しています。


[スポンサーリンク]

エクター: アーサー王の育ての親

エクター: アーサー王の育ての親

アーサー王の父親は「先代ブリテン王のユーサー」です。

しかし、アーサー王は自分の父親と一度も会ったことがなく、「エクター」という騎士が育てていました。

ユーサー王はアーサー王を設けた後、魔術師マーリンの助言に従い、忠臣のエクターをアーサーの教育係に任命しました。

ただ、この時アーサー王の身分は本人には明かされていませんでした。

そして、エクターが教育係となってからすぐにユーサー王が病によって死亡



[スポンサーリンク]

エクター: アーサーの即位後

エクター: アーサーの即位後

ユーサー王の死後、国は王位継承をめぐって戦乱の世に陥ってしまいました。

当然、アーサーはユーサー王の息子なので殺されるはずでした。


そんな苦境の中でも、ユーサーは彼を立派な青年に育てました。

そして、彼はその後「選定の剣(カリバーン)」を引き抜き「自分の王位」を示しました。

そのことを知ったエクターは

アーサー王の出自、自分が義理の父として育ててきた経緯

を全て明かし、息子のケイと共にアーサー王の家臣(執事)として支えるようになった。



[スポンサーリンク]

エクター: 公平誠実だが・・・・

エクター: 公平誠実だが・・・・

アーサー王の家臣として忠誠を誓ったエクターとはいえ、身内に甘いのは全世界共通。

忠誠を誓った時、アーサー王に対して

自分の息子ケイを全領土の国務長官に取り立ててほしい

と頼んだ。


アーサー王はその願いを快く承諾。

「私とケイが生きている限り、他の人間にその役目はやらせはしない」

と自分を育ててくれた父エクターに誓ったという。

この時、エクターは既に高齢でしたが彼の功績は「ユーサー王の忠臣の名に恥じないもの」でした。



[スポンサーリンク]

まとめ: エクターはこんな円卓の騎士

まとめ: エクターはこんな円卓の騎士

今回は円卓の騎士の一人エクターについて紹介させていただきました。

自分を育ててくれた父が本当の父親ではなかったという、どこぞの少年漫画のような展開。

好きです。

という訳で今回のまとめ

  1.  エクターは円卓の騎士の1人
  2.  アーサー王の父ユーサー王の家臣であった
  3.  マーリンの助言に従い、アーサーを身分を隠して育てた
  4.  ケイという騎士が実の息子
  5.  アーサーが王に即位した後は忠誠を誓い、執事として支えている

コメント

タイトルとURLをコピーしました