【ガラハッド】聖杯獲得に成功した唯一の円卓の騎士とは?

今回お話するのは

聖杯探求の成功者

ガラハッ

です。

手に入れば願いが叶う聖杯を受け取れる騎士はたった一人。


[スポンサーリンク]

ガラハッドとは?

ガラハッドとは?

ガラハッドはアーサー王伝説における円卓の騎士の一人。

キリスト教徒であり、女性との性交や人の殺害などの「穢れ」に触れていない無垢なる騎士。

~ガラハッドのプロフィール~

  •  欧文表記: Galahad
  •  別表記1: ギャラハッド
  •  別表記2: ガラハド
  •  別表記3: ガラード
  •  異名: 世界で最も偉大な騎士
  •  初登場: キャクストン版第2巻19章

アーサー王の伝説の中の一つでもある「聖杯探索」における主人公でもあります。

その為、「聖杯の騎士」という名誉ある称号を持っています。


[スポンサーリンク]

ガラハッド: 最強の騎士の息子

ガラハッド: 最強の騎士の息子

ガラハッドはとあるゲームでも登場していますが、円卓の騎士最強の1人「ランスロット」の息子。

ただ、その親子関係は決して悪いわけではないが、いいわけでもない。


ガラハッドの母親は

  •  エレイン
  •  アミ―テ
  •  ペレヴィダ

の誰かとされており(エレインが有力)、父ランスロットが彼女の魔法で誑かされた末に生まれた子供。(ランスロットが愛したグィネヴィア王妃にエレインが変装した)

その後正気に戻ったランスロットが幼児のガラハッドを修道院に預けている。


そこからガラハッドが大人になり、ランスロットに騎士として任命されるまで、父との触れ合いはあまりない。

ランスロットとしても複雑な思いはあったであろうし、同じくガラハッドも父に対しては複雑な思いはあったのかもしれない。



[スポンサーリンク]

ガラハッド: 特別な騎士

ガラハッド: 特別な騎士

ガラハッドは幼児の頃、マーリーンからこう言い渡された。

父をも超える最も優れた騎士になる

果たしてその通り、成長した彼はランスロットから騎士として任命された。

その特別な騎士としての話は聖杯探索の物語の始まりから見れる。



~特別な騎士としての物語~

騎士として任命されたガラハッドは、アーサー王の臣下となるべく様々な難題を軽々達成。

そしてついには、資格が無い者が座ると災いが起きる強い呪いが掛けられた「13番目の円卓の席」に見事に座って見せたという。(席にガラハッドが近づくと「ここは貴公子ガラハッドの席である」という文字が浮かび上がったという)


またそのころ、城の近くにとある岩が流れてきた。

その岩には「最も優れた騎士だけがこの剣を抜ける」と銘文されており、「破滅の剣(選定の剣)」が刺さっていた。

ガラハッドは数多の騎士が失敗したこの挑戦をものの見事に成功。

剣をあっさり引き抜いてしまったのであった。


しかもこの剣は、その時彼が身に着けていた空の鞘にピッタリ納まったのである。

まるで、この剣は元々彼のモノであったかのように・・・・・・。



ガラハッド: 聖杯探索の成功者

ガラハッド: 聖杯探索の成功者

これだけの活躍を見てきた円卓の騎士とアーサー王は大いに感嘆した。

また、そのころ円卓の騎士やアーサー王は聖杯の探索に失敗していたが、

彼が聖杯探求を成し遂げる騎士なのかもしれない

と、ガラハッドを聖杯探求の旅に出させた。


~聖杯探求冒険~

聖杯探索の命を受けたガラハッドは、道中でパーシヴァルと姉、ボールスと合流。

その後の旅で「赤い十字の入った白い盾」「ダビデの剣」などの聖遺物を入手。

彼らはその後も神の導きで様々な試練を乗り越えていった。

途中父のランスロットと半年間旅を共にしたり、仲間たちと決裂したりと紆余曲折あったが見事聖杯の元に到着。

最後の試練はパーシヴァルもボースも失敗した

「砕けた剣を元通りに修復する」

というものだったが、ガラハッドが挑戦すると剣は何事もなかったかのように元通りになった。

挑戦に成功したガラハッド以外の騎士達は、大きくなった剣によってその場から追い払わされ、ガラハッドのみがその場に残された。

するとその場に司祭と数多くの天使、全身から血をしたらせた男(イエスの受難の時の姿?)が現れ、彼に聖杯を授けた。


見事聖杯を手にすることが出来た一行であったが、帰還途中の街「サラス」で異教の王に囚われてしまう。

投獄生活を送ったが、その間は聖杯のおかげで3人は死ぬこともなかった。

(結局、死期を悟って改心した異教の王が3人を赦し、解放)



[スポンサーリンク]

ガラハッドの最期

ガラハッドの最期

聖杯入手から1年間サラスの街で過ごしたガラハッドとその一行。

ガラハッドは聖句を唱えているヨセフの幻視をはっきりと見た。

彼はヨセフに聖杯の導くまま

この世を去りたい

と申し出た。

ヨセフはガラハッドの願いを聞き入れ、天使たちを呼び、聖杯と血の聖槍を抱えたガラハッドは天使たちと共に天に召されたのであった。

その後、冒険の顛末はボースがアーサー王に伝えたのであった。



[スポンサーリンク]

まとめ: 円卓の騎士「ガラハッド」

まとめ: 円卓の騎士「ガラハッド」

今回は円卓の騎士の一人ガラハッドについて紹介させていただきました。

父ランスロットは最強の騎士ですが、不倫など女性関係はある意味で最悪。

それに対し、ガラハッドは聖杯が認めるただ一人の無垢なる騎士。ランスロットのいいところだけを取った騎士と言われるのも納得です。

という訳で今回のまとめ

  1.  ガラハッドは円卓の騎士の1人
  2.  ランスロットの不倫により生まれた
  3.  父を超える世界最高の騎士となっていく
  4.  様々な試練を難なく乗り越え、円卓の騎士となる
  5.  聖杯を手に入れることができる唯一の存在
  6.  最期は聖杯に導かれ、天に召された

コメント

タイトルとURLをコピーしました