【ラクシュミー】FGOにも登場したインド神話の女神の紹介!!

スポンサーリンク

今回紹介するのは

維持神の妻

ラクシュミー

です。

インド神話に興味がある人はぜひ読んでみてください。

 インド神話のラクシュミーとは?

 インド神話のラクシュミーとは?

ラクシュミーはインド神話において、もっとも重要な女神さまの一人です。

インド神話で最も重要な世界を維持する神ヴィシュヌの最初?の妻です。

~ラクシュミーのプロフィール~

  • 別名1: シュリ―
  • 別名2: ジャラディジャー
  • 別名3: チャンチャラ―
  • 別表記: 吉祥天
  • 異名の女神: 幸運の女神
  • 名前の意味: 「幸運」、「幸福」
  • ヴァ―ハナ: フクロウ、象
  • 夫: ヴィシュヌ
  • 出典: リグ・ヴェーダ

ディワーリー

グレゴリオ暦の10月から11月の頭の5日間で行われるインドのお祭りです。

このお祭りはラクシュミーを祝した祭りで、

  • 前日  : 断食
  • 1日目: ダンテ―ラス
  • 2日目: ナラクチャトゥルダシー
  • 3日目: ラクシュミー・プージャー
  • 4日目: 新年
  • 5日目: バーイー・ドゥージュ

が行われる。

また、この期間は買い物が縁起がいいと言われているので、長く使える消費物の需要が伸びるとかなんとか・・・・。

花火をたくさん使うので、それによる大気汚染が問題になる。

[スポンサーリンク]

ラクシュミーの外見

ラクシュミーの外見

ラクシュミーはインドにおいて、最も人気が高い女神の1柱です。

その姿は彫像や宗教がなどに多く残されており、「赤い睡蓮の上に立った、4本腕の赤い衣を着た女性」として描かれることが多いとされます。

特に「ガシャ・ラクシュミー」という図などでは、

  • 左右に2頭の象
  • 4本の腕
  • 蓮華、霊水アムリタ、ビルヴァの実、ほら貝
  • たまに貯金箱
  • 手からは金貨が溢れる

といった姿で描かれています。

[スポンサーリンク]

ラクシュミーの誕生物語

ラクシュミーの誕生物語

実はラクシュミーが「美と幸運の女神」として誕生した歴史はそう古くはありません。

その物語は英雄物語「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」といった比較的新しい文献に描かれています。

~乳海撹拌~

「乳海撹拌」あるいは「天地創造」などの際に、このラクシュミーは誕生した。

乳海撹拌は力を失った神族や魔族が、力を取り戻すために海を1000年近くかき回し続けた出来事。

この出来事で様々な神や道具、動物が生まれたという。

ラクシュミーはその際に「蓮の花の上に載って浮かんでいた」という生い立ちを持ちます。

[スポンサーリンク]

夫ヴィシュヌとの出会い

ラクシュミーと夫ヴィシュヌとの出会い

ラクシュミーとその夫である維持神ヴィシュヌはどうやって出会ったのか?

インド神話ではその美しさ故、求婚される前に強姦されてしまった女神がいますが、ラクシュミーはどうだったのか?

~ヴィシュヌとの出会い~

誕生したラクシュミーは絶世の美女であった。

その美しさは世界中の神が虜になるほどであった。

世界の神々は虜になり、あの手この手で自分のものにしようと躍起になった。

だが、ラクシュミーは人に気まぐれに舞い降りる幸運のように移り気な性格であった。

それゆえに、あらゆる男からの愛をことごとくあしらい続けた。

そんなある日、維持神ヴィシュヌはラクシュミーより遅れて世界に誕生した。

二人は出会った瞬間にお互いに一目惚れになり、ヴィシュヌはラクシュミーを自分の妻にしたという。

移り気な性格の絶世の美少女を一目惚れにするとは・・・・・

同じくヴィシュヌも絶世の美男子だったということか・・・・・。うらやましい・・・・

[スポンサーリンク]

日本におけるラクシュミー

日本におけるラクシュミー

日本では仏教が主流であり、その起源ともいえるインド。

その仏教における言葉「吉祥天」。

この「吉祥」の意味は「幸運や繁栄」を意味することから、吉祥天は「幸福、美、富、五穀豊穣」などを祈られる神さまです。

また、「吉祥天」が「美女」の代名詞と使われることがあります。

このことからも、「ラクシュミー」の性質がそのまま仏教に取り込まれて、現在まで信仰されるようになったというわけです。

FGOのラクシュミー・バーイーとの関係

FGOのラクシュミー・バーイーとの関係

クラスセイバー(飛び道具持ち)
性別女性
スリーサイズ不明
身長159cm
体重44kg
属性秩序・善・人
好きなこと祖国と民の笑顔
苦手賭け事、イギリス人
ILLUST武内祟
CV佐藤利奈
好きな再臨絵第2再臨絵

褐色肌が美しいインドのジャンヌ・ダルク。

管理人がどう頑張っても、常設でも手に入らなかったサーヴァント。欲しかった。

FGOにおいて、ラクシュミー・バーイーは実在する人物を依り代とし、女神ラクシュミーが顕現したサーヴァントです。

というのは彼女が自己申告した女神であり、実際の女神はアラクシュミーです。

ラクシュミーの姉に当たり「不幸や貧困」を司る女神でもあり、別名ニリルティとも呼ばれます。

なので、幸運はマイナスに振り切るほどヤバいサーバントだが、決める時は決めるお姉さま。

[スポンサーリンク]

まとめ: ラクシュミーはこんな女神

まとめ: ラクシュミーはこんな女神

今回はインド神話の主要な女神の1柱「ラクシュミー」について紹介させていただきました。

インド神話ってなかなかぶっ飛んでいる話が多いんですが、この女神の恋物語はまだ普通?な感じがしますね。

というわけで今回のまとめ

  •  ラクシュミーは維持神ヴィシュヌの妻
  •  赤い睡蓮の上に、4本の腕を持つ赤い衣を着た姿で描かれる
  •  乳海撹拌によって生まれた女神
  •  絶世の美女で、世界の男たちから告白された
  •  移り気な性格なのでどの男にも靡かず
  •  ヴィシュヌとお互いに一目惚れになり結婚
  •  日本においては吉祥天として有名
  •  FGOのラクシュミー・バーイーはアラクシュミーが依り代にしている
タイトルとURLをコピーしました