【スーリヤ】インド神話における太陽の神様とは何者か?

スポンサーリンク

今回お話するのは

インド神話の太陽神

スーリヤ

です。



スーリヤとは?

スーリヤとは?

スーリヤはインド神話における太陽を司る太陽神

アディティという女神が産んだ神の一人であり、アーディティヤ神群の一人

この神群はヴァルナという神を筆頭に8、もしくは12の神によって構成される。

スーリヤはその1柱とされているが、「アーディティヤ」が「スーリヤ」の異名として呼ばれることも。


空を遍く照らす日光と熱などが反映され、「ジャータ・ヴェーダス」と呼ばれることもある。

司法神のヴァルナやミトラの「眼」と共に下界を監視し、地上の人間すべての行いを監視する。



[スポンサーリンク]

スーリヤの外見

スーリヤの外見

元々チャリオット(戦車)が存在する時に生まれた神の為、戦車に乗っている。

それ以外の姿を記すのであれば

  1.  七頭の馬が曳く戦車に乗って天空を翔ける
  2.  二本の腕、四本の腕を持っている
  3.  二本の腕: 両手に蓮を持っている
  4.  四本の腕: 蓮、円盤、法螺貝、杖を手にしている

この七頭の馬が意味するのは

  •  虹の七色
  •  七つのチャクラの象徴

などといわれる。



[スポンサーリンク]

スーリヤの熱すぎる体

スーリヤの熱すぎる体

スーリヤの誕生は諸説あります。

  •  聖仙カシャパと女神アディティの子供
  •  天空神ディヤウスの息子
  •  雷神インドラの息子
  •  原初の巨人プルシャの目から生まれた

その中でも、アディティの息子として誕生した時のお話です。

スーリヤは太陽神の為、全身から高熱を発します。

その熱さに耐えきれなかった母アディティが、生まれたばかりのスーリヤを放り出してしまったという。

太陽神スーリヤから発せられる高熱は、サンジュニャ―という女神と結婚をした後にも弊害となってしまいます。

結婚し、何人かの子供を産んだサンジュニャ―は夫の熱に耐えきれなかった。

その際に自分の影から身代わりを作り、スーリヤの妻として振舞うようにしてまで逃亡。

妻の逃亡に気が付いたスーリヤは工芸神トヴァシュトリに頼み込み、自分の輝きの「1/8」を削り取ってもらった。

そのおかげで熱の問題は解消され、サンジュニャ―は自分の元に戻ってきてくれた・・・・。

ちなみに、この時削り取られた「1/8の輝き」は神々の武具に加工されたという。

太陽神スーリヤの妻サンジュニヤー



[スポンサーリンク]

スーリヤの妻は誰?

スーリヤの妻は誰?

前述したとおり、スーリヤの妻はサンジュニャーと記されています。

ですが、もう一人正式な妻として考えられている女神がおり、それが「暁の女神ウシャス」です。

「リグ・ヴェーダ」においてこう記されています。

地平線から太陽が姿を現すとき、彼は夜の闇を追い払い、生き物たちに力を与える。

いわゆる日の出の太陽なのですが、この時、暁の女神ウシャスも活躍をしています。

ウシャスの後にスーリヤが姿を現すので、「若い娘を追いかける男」という様子で比喩されることも。

なので、ウシャスがスーリヤの正式な妻であるという説もあります。


[スポンサーリンク]

スーリヤの親族関係

スーリヤの親族関係
聖仙カシュヤパ、天空神ディヤウス、雷神インドラ、原初の巨人プルシャ
大女神アディティ
サンジュニャ―、チャーヤー、ラグイー、プラバ、ウシャス、クンティー
子供カルナ、スグリーヴァ、レヴァンタ、双子の兄ヤマと妹ヤミー、サーヴァルナ・マヌetc…..

子供に関しては数多く存在しており、その子供たちも多大な活躍をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました