【ヴィダートリとダートリ】インド神話の運命の女神さまとは?

スポンサーリンク

今回紹介するのは

二人一組の女神

ヴィダートリとダートリ

です。

インド神話に興味がある人はぜひ読んでみてください。

ヴィダートリとダートリとは?

ヴィダートリとダートリとは?

ヴィダートリとダートリは「プラーナ時代」以降における女神さまの一人です。

~ヴィダートリのプロフィール~

  • 名前の意味1: 「制定する者」
  • 名前の意味2: 「創造者」
  • 出典1: 「マハーバーラタ」
  • 出典2: 「リグ・ヴェーダ」


~ダートリのプロフィール~

  • 名前の意味1: 「創造者」
  • 名前の意味2: 「支える者」
  • 出典1: 「マハーバーラタ」
  • 出典2: 「リグ・ヴェーダ」



[スポンサーリンク]

ヴィダートリとダートリ: 機織り女神?

ヴィダートリとダートリ: 機織り女神?

ヴィダートリとダートリはそれぞれ

  •  ヴィダートリ: 運命神
  •  ダートリ: 創造神

とヴェーダでは説明されています。

そんな彼女たちは機織りを行いますが、そこで用いられる「黒と白の糸」は「昼と夜」を表しています。

また、1枚の布として「世界の運命」を織り上げています。


彼女たちが使う織機には「12の区切りを描いた輪」がついており、「6人の童子」が回しています。

それぞれ

  •  「12の区切りを描いた輪」: 1年
  •  「6人の童子」:「春夏秋冬、雨季、寒気」

をそれぞれ表しています。


[スポンサーリンク]

ヴィダートリとダートリの物語

ヴィダートリとダートリの物語

そんな二人の女神が登場する物語は「マハーバーラタ」のとある一説です。

見ていきましょう。

~運命の双子?神~


ヴェーダという名前のバラモン(司祭)には「ウッタンカ」という弟子がいた。

彼は師匠の妻の命令で

師匠が仕えしパウシャ王の王妃

彼女の愛用している耳輪を手に入れる

ことになった。

彼はその命令通り、いくつかの試練を乗り越えて耳輪を手に入れることができたが、ナーガの王タクシャカに奪われてしまう。

ウッタンカは耳輪を取り返すために、タクシャカの逃亡先の「地下のナーガ国」に足を踏み入れた。

そこで、彼は二人の女性が黒と白の布を織っているのを見かけた。

彼女たちが使っている織機には12の区切りが描かれた輪がついており、それを6人の童子が回し、その横には大男(雨の神パルジャニヤ)が立っていた。


彼は結局、指輪を取り戻し、師匠の妻に献上してからこの不思議な女性たちについて、師匠に話した。

すると、師匠はこう答えた

「彼女たちこそが運命の女神ヴィダートリとダートリである」



[スポンサーリンク]

古き時代の創造神

古き時代の創造神

ヴィダートリとダートリは、古い時代の創造の女神であるといわれていて、特にダートリは

  •  アーディヤ神群の一員(雷神インドラや太陽神が兄弟)
  •  太陽・月・天・大地・光を創造する
  •  生命の創造・健康の維持・病気治療・不老不死
  •  生産・雨ごい

などの女神として崇拝されていました。

ですが、そんな女神たちも時代が経つにつれて、信仰は途絶えていきました。

ただ、彼女たちの存在は新しい創造神に吸収され、「創造神ブラフマー」や「維持神ヴィシュヌ神」の別名として使われることもあります。


[スポンサーリンク]

まとめ: ヴィダートリとダートリはこんな女神

まとめ: ヴィダートリとダートリはこんな女神

今回は2人の女神を紹介させていただきました。

織機の近くに謎の男が何故立っているのか、私的に一番気になりますね・・・・。

というわけで今回のまとめ

  1.  ヴィダートリとダートリはインド神話の女神
  2.  二人でペアの女神
  3.  ヴィダートリ: 運命神
  4.  ダートリ: 創造神
  5.  2柱とも古い時代の創造神で、新しい創造神に吸収されて存在は別名として存在する
タイトルとURLをコピーしました