【ブラフマー】インド神話の最高神とは何者か?なぜ頭が4つあるのか?

スポンサーリンク

今回お話するのは

世界の創造神

ブラフマー

です。

インド神話に興味がある方はぜひご覧ください。

創造神ブラフマーとは?

創造神ブラフマーとは?

創造神ブラフマーはインド神話における最高神の1柱です。

世界とすべての生命を生み出した神様で、ヒンドゥー教においてもっとも重要視されている神様です。

~ブラフマーのプロフィール~

  • 別名: ブラジャーパティ(生類の主)
  • 名前の意味: 宇宙の原理
  • 配偶神: サラスヴァティ
  • ヴァ―ハナ(乗り物): 白鳥
  • 出典: マイトリー・ウパニシャッド

インド神話の1回の誕生から滅亡の誕生部分を司る神様。

43億200万年活動し、43億2000万年睡眠しています。

[スポンサーリンク]

ブラフマー: その外見と持ち物

ブラフマー: その外見と持ち物

創造神ブラフマーはその外見が特徴的で、

  1.  4つの顔に4本の腕
  2.  水壺
  3.  数珠
  4.  笏
  5.  バラモン教の聖典ヴェーダ

といったものです。なぜ4つも顔があるのかは後述。
彼の持っている持ち物は全て「知識や何かを生み出す」ことに関連する品物です。

これがブラフマーの創造神としての性格を表しています。

[スポンサーリンク]

ブラフマー: 世界の「原理」と人格

ブラフマー: 世界の「原理」と人格

ヒンドゥー教の原型となった「バラモン教」。

これが定義する世界の大原則「ブラフマン」に人格を与えて信仰対象にしたのがブラフマーといわれています。

ブラフマンは「神がいるという前提の現代の物理法則」に相当するものです。

人間が供物を捧げて祈りの言葉を唱えれば、神々が力を貸してくれるとされています。

ブラフマーはインド神話の中で「苦行を達成したものにはブラフマンに従って力を与える」ような行動をします。

[スポンサーリンク]

ブラフマー: 自分の作った娘にメロメロ

ブラフマー: 自分の作った娘にメロメロ

ブラフマーはサラスヴァティの夫です。

元々サラスヴァティはブラフマーが自分の娘として作り上げた女神でした。

しかし、ブラフマーはそのサラスヴァティの美しさに一目惚れ。

娘ではなく嫁にしたい」といい、嫁になるように何度も懇願したそうです。

さらに、その美しさから一瞬たりとも目を離したくないと、自分の頭を4つに増やしました

サラスヴァティは何度も断りましたが、最終的に受け入れて妻となりました。


[スポンサーリンク]

ブラフマー: 敵を最恐にしてしまう

ブラフマー: 敵を最恐にしてしまう

インド神話を読んでいると、アスラというインド神話における敵種族との戦いをよく見ます。

ただ、その中でも何体かのアスラは「神々さえをも凌ぐ力」を持っています。

実はこれ、創造神ブラフマーがこのアスラたちに、神をも凌ぐ力を付与したからです。

もちろん、世界の法則「ブラフマン」に従って苦行を達成したものに力を与えているからです。(人間世界でいうところの決まりごとに従っただけ。)
このせいで何度も神々が不利となったりするので、普通にトラブルメーカーです。

1: アスラ族の王 ターラカ

1: アスラ族の王 ターラカ

そんなブラフマーがアスラに力を与えた話で有名なのが「アスラ族の王ターラカ」です。

~息子以外に殺されない肉体~

アスラ族の王ターラカは激しい苦行を行っていた。

しかし、この苦行によりターラカは熱を出してしまい、世界を焼いていた

これに困ったブラフマーはやむを得ずターラカに、

十分に満足するくらい強力な恩恵を上げるので、苦行をやめてほしい

と交渉しました。

恩恵は「シヴァ神の息子以外には絶対に殺されない」というものでした。

このあと、このターラカの恩恵はより強力なものになり、圧政を敷き始めました。

神々は困り果てブラフマーに「何とかしてほしい」と解決を願いましたが、ブラフマーは

苦行を達成した彼の願いをかなえた自分が、彼を滅ぼすのはが通らない

という理由で、ターラカの倒し方を示す以外は何もしませんでした。

その予言は「シヴァ神の息子がターラカを倒す」というもので、神々はその予言を実現させるため、さらに四苦八苦するはめになります。

このために遣わされた愛の神カーマもシヴァ神の怒りを買い、焼き殺されています。

しかし、なんとかシヴァの息子である軍神スカンダが誕生し、ターラカは倒されています。

2: マヒシャ(アスラ族)

2: マヒシャ(アスラ族)

苦行を達成したアスラ族のマヒシャ。

創造神ブラフマーはそんなマヒシャに「女性以外に殺されない」という能力を与えてしまいました。

男性の神が多かったインド神話において、神々はこのマヒシャに困ってしまいました。


そこで、女神ドゥルガーを生み出して倒すことで事なきを得ました。

3: ヒラニヤカシプ(アスラ族)

3: ヒラニヤカシプ(アスラ族)

ヴィシュヌの3番目の化身ヴァ―ラハに殺害されたアスラの弟「ヒラニヤカシプ」。

修行を行い、その全てを乗り切ったことで創造神ブラフマーから

  •  どんな武器でも
  •  人間や獣、神の誰でも
  •  家の外でも内でも
  •  朝でも昼でも夜でも
  •  地上でも空中でも

自分は絶対に殺されない

という「僕が考えた最強のアスラ」という肉体を手に入れてしまったのです。

ですが、ヴィシュヌ神の4番目の化身であるナラシンハによって倒されています。


ブラフマー: 三神一体

ブラフマー: 三神一体

インドの最古の聖典「ヴェーダ」が完成した後の紀元前5世紀ごろ。

ブラフマーは世界の全てを作った存在でありましたが、バラモン教の衰退とともに地位が低下していきました。

すると、宇宙の創造や世界の創造の役割すら「シヴァやヴィシュヌの功績」となってしまいました。

その後、インドでは「ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌは全て同じ神であり、1つの魂で3つの体を使い分けている」という思想が産まれました。

この思想がインド神話の「三信一体」という考えで、各宗派に広く受け入れられていきました。

[スポンサーリンク]

まとめ: 創造神ブラフマーはこんな神

まとめ: 創造神ブラフマーはこんな神

今回はインド神話における最高神の1柱創造神ブラフマーを紹介させていただきました。

サラスヴァティの美しさを一瞬たりとも見逃したくない。なら顔を4つに増やそうというのはさすが神様というべきか・・・・。

という訳で今回のまとめ

  1.  創造神ブラフマーはインド神話のおける最も重要な神
  2.  世界と生命を創造するという役割を持っている
  3.  「ブラフマン」という世界の原則が人格を持ったのが「ブラフマー」
  4.  サラスヴァティを元々娘として生み出したが、その美しさから嫁になってほしいと懇願
  5.  嫁の美しさを一瞬たりとも見逃さないように顔を4つに増やした
  6.  神の敵であるアスラに「ブラフマン」に従って強力な力を与えることもしばしば
  7.  時が経って、「ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌ神」の3柱が同じ神である「三神一体」という思想が生まれた
タイトルとURLをコピーしました